スモールビジネスSTORY AWARD2020で「PASSION賞」を受賞

2020/2/22、クラウド会計ソフトFreeeが主催する「スモールビジネスSTORY AWARD2020」「PASSION賞」をいただきました。
そのときのファイナルプレゼンの内容を、Webで読めるようにしました。
プレゼンは3分(スライドは3枚まで)という短い枠だったので、一般の方への「同人イベント」の魅力の説明や、にじいろポッケの意義の伝え方を色々と工夫しました。
にじいろポッケ設立の想いや歩みも詰まっているので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです♪

にじいろポッケ代表 四辻さつき

はじめまして! 「にじいろポッケ代表の四辻さつきと申します。

私のスモールビジネスは、「趣味」と「子育て」を両立するために始めました。

私には今、6歳と3歳の子供がいるんですが、下の子を妊娠中の一時期、諸事情でほぼ一人っきりで子育てをしていたことがあります。

孤独感とストレスで、本当に限界ギリギリでした。

そんなとき、たまたま見た深夜アニメをきっかけに、ものすごく精神的に救われたんです。

アニメ自体はもちろん、SNSを通して、同じ趣味の仲間と交流できたこと。

これが孤独感を解消してくれて、もう本当に心の支えになりました。

 

さて、同じ趣味の仲間達が、全国から集まる大きなイベントがありまして

ぜひ私も参加して、皆に会いたいと思いました。

ところがイベントに行くには、子どもを預けないといけない。

でも開催は日曜日で、しかも早朝から長時間だったので、子供二人を預けるのがめちゃくちゃ大変だったんです。

 

いやいやいやと。

こんなに毎日子育てを頑張っているのに、たった1日「自分のための時間」が欲しいというだけで、こんなに大変ってどういうことだと。 

 

そこで思いました。

「自分で託児所を作ればいいんじゃないか?」

 

そして始めたのが、にじいろポッケ。

「イベントのための出張託児所」です。

ママ目線を生かして、子どもにも最高に楽しんでもらえるように、色々な工夫をしました。

 

その過程で、とても感動したことがあります。

同じ趣味をもつ、顔も知らないたくさんの人達が、SNSを通してものすごく熱く応援してくれたことです。

資金作りのために行ったクラウドファンディングでは、目標金額100万円を1日で達成。

最終的に、335名の方から約350万円のご支援をいただきました。

 

その支援者の半分以上は、子育て中の方ではなく、子育てを終えた方や、子どものいない方でした。

「私は子育て中は趣味を諦めなくちゃいけなかったから、これからのママさんの力になれれば」とか、「同じ趣味の仲間の子育てを応援したい」といった温かい声をたくさんいただきました。

おかげ様で、これまで約3年間で延べ750名のお子様をお預かりし、利用者の満足度は98%

保護者の方にもお子様にも楽しんでいただけています。

 

たかが趣味、と思う人もいるかもしれません。

でも、趣味には心を潤し、人と人とを繋げる力があります。

 

ママやパパの「子育てと趣味の両立」を、同じ趣味の仲間が応援してくれるということは、「社会全体で子育てに取り組む」ということにも繋がると思っています。

とってもスモールなビジネスですが、これからの社会にとって、とても大切なことに挑戦しているじゃないかなと思っています。

 

これからもできる限り続けていきたいです。

ご静聴ありがとうございました。